×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の英語教育の情報ページです。

子供に英語を!    ×Let’s study English
       ではなくて

Let’s learn English
子供の英語教育について真剣に考えよう!!!まずは無料サンプルを!!

               

大人になってからの学習は遅い!?
最近、子供に英語を学ばせる親が増えてきています。
それは、幼いう ちに英語を学ばせた方が身につく、ということが医学的に証明されてるからではないでしょうか。
言語には最も学ぶのに、ふさわしいというのがあります。それが、生後6ヶ月〜12だ、とか3歳だ、10歳だなど色々な言われがありますので、とにかく1歳〜12歳位の時期はたくさんの言語に触れさせることが重要です。逆に、その期間内に学んでおかないと、後で学ぶことができない大切な時期といわれています。

狼に育てられた子供はご存知のことでしょう。
狼に育てられた子供は、言語を身につける最も最適な時期に山に捨てられまったく言語には触れず育ったため、もちろん言葉は話せません。
その狼に育てられた子供が普通の子供並みの会話ができるようになるのには、とても難しいことのようです。
それと同様に、幼い頃まったく英語に触れず育った子供はネイティブ並 みに話せるようになるのは、とても難しいようです。
 幼い頃英語を身につけておいて、世界で活躍している方々が沢山います。
企業でも英語を話せる人を欲しがっている企業もありますし、社会 に出てから英語が話せるだけで優遇されることが沢山あります。
国際化社会、世界共通語の英語を身につけることは、とても重要なことです。
 言語習得の時期(臨界期)1歳〜12才はとにかくたくさん、特に英語に触れさせましょう。

 「英語ができる」ではなくて、「英語はできて当たり前」という時代になってきています。
語学は、幼少期に植え付け,、身につけるるのが最も最適です。
とにかく語学(母国語・外国語問わず)は早期習得が望まれていますので、とにかく早いうちから色々な言葉を教えましょう。

はじめに ペッピーキッズの英語教材 ディズニーの英語教材 中古教材

                                         

検索エンジン&リンクなど

アフィリエイトこっそり報告Blog こっそりサーチ